マラソン選手の身体の経年変化とランニングフォームの最適化(page2)

(Animated GIF)

目次 ( “” 付きは 当ページ )

(1)まえがき

(2)考察①_股関節外転筋群の硬化と補完動作・変形

(2)-1 股関節外転筋群について

(2)-2 経年変化のメカニズム

(2)-3 下腿骨の湾曲変形

(3)考察②_足関節の内がえし・回内

(3)-1 内がえし・回内について

(3)-2 なぜ内がえし・回内動作をするのか

(4)考察③_toe-out変形

* * * * *

(5)なぜ細かいフォームに着目するのか

(6)注目する選手

(6)-1 エリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)選手

(6)-2 鈴木優花選手 大東文化大学

(6)-3 金光由樹選手 東海大学

(7)おわりに

 

(5)なぜ細かいフォームに着目するのか

なぜ 前述のようなフォームの細かい点を述べたのか、その理由を以下に示します。

トップランナーになるための要素として下図のような3つがあると思います。

ここでいう「身体特性」とは、体脂肪率・筋量などの骨格特性、最大酸素摂取量 VO2max などの心肺能力、エネルギー代謝特性などを想定しています。

現在、マラソンの世界記録はキプチョゲ(Kipchoge)選手が 2時間1分台であり、そして 世界十傑に入るためには 2時間3分36秒を切る必要があります。
上図の三拍子 全てを高めていかないと Top10 レベルに届かないでしょう。

「身体特性」を高めるためには、高地トレーニングや各種トレーニング技術、栄養学などが適用できるでしょう。
「メンタル・経験」を高めるためには、メンタルトレーニング、カウンセリングなどが想定できます。

そして、「フォーム」については、現代は情報社会なので 様々な知識が得られます。 フォアフット走法や体幹のストレングスや姿勢など、多岐にわたる知識が手に入ります。

それに加えて、前述のようなムダな動作を取り除いて より最適化し、身体特性でまさるアフリカ勢に対して、成熟したフォームで臨めば 日本人も世界十傑入りを目指せると思います。

青山学院大学駅伝部の原晋 監督も、次の記事によると「腕立ても腹筋もしない」という従来の常識にとらわれない お考えで、ランナーの成熟化を目指しておられます。 細やかな ひとつひとつの大事さを感じておられると思います。

箱根駅伝の連覇を実現させた“腕立ても腹筋もしない”トレーニングとは。

Facebook navi (フェイスブックナビ)さんの投稿 2016年4月16日土曜日

なお、マラソンにおいて 少しの歪みや癖が積み重なって、パフォーマンスに影響することについては、↓ブログに述べていますので、よろしかったら ご参照ください。

 

(6)注目する選手

 

(6)-1 エリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)選手

◆ Rolling … 〇(ほぼ無し)
◆ 下腿骨の湾曲変形 … 〇(無し)
◆ 内がえし・回内 … △(右足の内がえし:中程度。 両足の回内:少し)
◆ toe-out … △(両足。ただし 独特の骨盤ツイストをされているので 下腿自体の外旋は少なめ)

恐れながら申し上げますと 100点満点ではありません(汗っ)。
ただ、この INEOS 1:59 では、やや前傾で かつ ブレの無い安定した体幹と、緩急を効かせた 素晴らしい脚運びが、△のマイナス分を上回っているのでしょう。

また、旭化成 村山謙太選手が、先日2020年2月のレースで キプチョゲ風のテーピングをされたとのことです。

(※ブログ用投稿)https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/02/10/kiji/20200210s00056000089000c.html?amp=1

宝塚市 かみたに接骨院(整骨院)さんの投稿 2020年2月28日金曜日

下腿の外側にあることから、「内がえし・回内」をコントロールするテーピングのように見えます。
キプチョゲ選手の足関節にも経年変化が起こっているのかもしれません。

 

(6)-2 鈴木優花選手 大東文化大学

◆ Rolling … 〇
◆ 下腿骨の湾曲変形 … 〇
◆ 内がえし・回内 … 〇(ほぼ無視できる)
◆ toe-out … 〇

そうなんです! 文句無しのフォームです。 私のイチオシの選手です。

 

(6)-3 金光由樹選手 東海大学

◆ Rolling … 〇
◆ 下腿骨の湾曲変形 … 〇
◆ 内がえし・回内 … 〇(ほぼ無視できる)
◆ toe-out … 〇

金光由樹選手も素晴らしいです。
ただ、脚を蹴り上げて 膝を曲げた瞬間 膝が外側へ流れる(ぶん回し)ことから、股関節外転筋群が硬そう(特に右側)です。

 

(7)おわりに

大迫傑選手の著書に次のような記述があります。

中学1年で競技を始めて、すでに僕は14年も走り続けていて、自分では競技人生は終盤にかかってきていると感じています。正直に書くと、いつ足が壊れてもいいと思っているし、壊れたときは競技をやめようという気持ちで日々走っています。それはもしかしたら今年かもしれないし、来年かもしれない。そうなっても次の道はあるし、時間をかけて探していけばいい。

「まえがき」にて、女子マラソンの「記録が伸びずに引退」というケースの話を述べました。

練習を積み重ねることにより心肺能力や筋の特性などが向上するけれども、同時に この「壊れるかもしれない」と感じる経年変化があるから 伸び悩むんだと想像します。

女性アスリートの場合、ホルモン・バランスの乱れによる骨などの悪影響に対しては 別途 繊細なアプローチが必要ですが、それ以外の 本投稿で述べた経年変化は、男女共に 適切なコンディショニングで改善できるものです。

大迫傑選手が、昨年 Twitter を通じて 以下のように発信され、今 陸上界は盛り上がって来ました。
世界的アスリートが また誕生するのを待ち望んでいます。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
↓ 2019年 MGCでの大迫傑選手と設楽悠太選手の比較はこちらへ

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
↓ 一般ランナーのフォーム・クリニックもしております。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆
↓ ブログのバックナンバー(総括)はこちらへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です