「 アスリートのこと 」一覧

アスリート・有名人のカラダの歪み・癖をまとめてみました

アスリート・有名人のカラダの歪み・癖をまとめてみました

アスリート・有名人のカラダの 歪みと傷害などの相関を まとめてみました。 修正すれば 不調は改善できるし、想定される負傷の予防になります。

記事を読む

名古屋ウィメンズマラソン出場の福士加代子選手の「でんぐり返し」

名古屋ウィメンズマラソン出場の福士加代子選手の「でんぐり返し」

「でんぐり返し」は大切。 普段あまり動いていない 三半規管や蝸牛のリンパ液を たまには大きく動かすことにより、急な転倒や バランスを失った際などに対する耐性が高まると思います。

記事を読む

駅伝ブームと中野ジェームス修一トレーナー

駅伝ブームと中野ジェームス修一トレーナー

駅伝ブームは やっぱり 中野ジェームス修一トレーナーの功績が大きいと思います。長距離競技をノリノリで楽しい雰囲気へ変えた「縁の下の力持ち」だと思う。

記事を読む

[駅伝]名城大学 高松智美ムセンビ選手 と 大東文化大学 鈴木優花選手

[駅伝]名城大学 高松智美ムセンビ選手 と 大東文化大学 鈴木優花選手

富士山女子駅伝で優勝した 名城大学アンカー 高松智美ムセンビ選手と、高松選手を上回る区間記録を出した 総合2位の大東文化大学 鈴木優花選手について。

記事を読む

紀平梨花選手、反り腰過ぎるのが心配です(腰椎過前彎。ヨウツイカゼンワン)

紀平梨花選手、反り腰過ぎるのが心配です(腰椎過前彎。ヨウツイカゼンワン)

観る側にスピリッツが伝わってくる いいスケーティングをされる選手だと思います。 ただ 過度な反り腰姿勢が心配です。

記事を読む

また どこかで! ムネリン♬ 川崎宗則選手

また どこかで! ムネリン♬ 川崎宗則選手

「自律神経の問題の出現前に 身体にはサインが出ている(特に背中)」というのに同意見です。 その背中の張りが上半身に現れる根本原因は、土台である骨盤や下半身にあるケースが多いと思う。

記事を読む

福岡国際マラソン。設楽悠太選手 素晴らしい♪

福岡国際マラソン。設楽悠太選手 素晴らしい♪

日曜日の福岡国際マラソン。 4位の設楽悠太選手がすごかったと思います。 2月の東京マラソンで右下腿の疲労骨折があり 練習不足であったにも関わらず この結果!

記事を読む

女子マラソン 原裕美子さん

女子マラソン 原裕美子さん

原さんが、とりあえず 快方に向かっているようでホッとしました。 涙腺が弱くなってるのか、記事の後半はキツイです。

記事を読む

錦織圭選手 ATPファイナルズ2018 vs ドミニク・ティエム

錦織圭選手 ATPファイナルズ2018 vs ドミニク・ティエム

錦織圭選手の forehand の動きが気になりました。 forehandの時は 逆クロスの頻度が高く そのショットにはパワーがありますが、forehandのクロスは頻度が低く パワーも感じられなかった。

記事を読む

錦織圭選手 ATPファイナルズ2018 vs ケビンアンダーソン選手

錦織圭選手 ATPファイナルズ2018 vs ケビンアンダーソン選手

ボール・タッチが悪すぎた。 右手首は問題無さそうだけど、腕(上肢)全体の動きが気になる。 以前 ブログで書いたけど、錦織圭選手は 首・肩 周辺の癖があり、神経伝達上 それらが胸や腕や手に影響を及ぼす。

記事を読む

↓ ブログのバックナンバー総括はこちらへ ↓